肥満解消の初めの一歩は?

肥満とは、正常な状態に比べて体重が多いこと、あるいは体脂肪が過剰に蓄積した状態のことをいいます。肥満になってしまうと、高血圧や糖尿病、脳卒中などの生活習慣病やがんなどのリスクが高まってしまいます。
このことから体重を減らすことが望まれますが、体重を減らす場合薬物治療、運動療法、食事療法が行われます。薬物治療で使われる薬には副作用があることが考えられるため、肥満を解消するためには運動と食事による治療が望まれます。
無理矢理痩せようと断食をしたり、偏ったダイエットをしてしまうと身体に大きな負担がかかってしまいます。
体調を崩したり、リバウンドして余計に太ってしまうことも考えられるため、肥満を解消する始めの一歩としては、まず食事の見直しをすることが良いとされています。
近年は食の欧米化によってカロリーが高いが栄養素の低い食事になりがちです。
そのため普段の食事を見直して、主食、主菜、副菜をバランスよく揃えて食べ過ぎに気をつけながら食事をすることが理想的です。
おすすめなのが、主食を糖質になりやすい白米ではなく玄米や雑穀にする、野菜を多く摂るようにして、脂肪の少ない食材を選択する、腸内環境を整える食物繊維や発酵食品を意識して摂るようにすることなどが効果的です。
間食をしないということが良いとされていますが、どうしても間食がしたいという場合にはおから使ったお菓子やドライフルーツを食べるなどの工夫がおすすめとなります。
このような食生活に加えて、身体の負担になりにくいウォーキングなどの有酸素運動、インナーマッスルを鍛えることのできるヨガ、寝る前のストレッチなどの運動を長期的に続けていくことが肥満の解消へと繋がります。

肥満であり続けることのリスク

肥満の状態にあるだけで、普段から身体に大きな負担をかけていることになります。特に体脂肪が増えてしまうと内臓を常に圧迫している状態なのです。
特に心臓や肺に負担がかかるようになれば、日常生活でちょっと動いただけでも息切れをしてしまったり、すぐに疲れてしまったりしてしまいます。
さらに体重が増えていけば、内臓の負担だけでなく関節や骨などにも身体そのものを支えることが辛いといった状況になってしまう可能性も出てきます。
また肥満は血液の状態を悪くする原因でもあり、動脈硬化や糖尿病、高血圧などの生活習慣病を発症してしまうリスクも高くなってしまうのです。
生活習慣病になってしまえば、さらに脳梗塞や心筋梗塞といった重大な病気を起こしてしまうリスクも高くなります。
このように肥満であるというだけで身体にとっては問えもリスクが高い状態にいるといえます。
また見た目は太っていなくても、内臓脂肪が多い隠れ肥満という状態も要注意です。
特に年齢が高くなってくると体重や体型はそれほど変わっていなくても、筋肉の量が減っていて基礎代謝が若いころと比べると減っているということが多くあります。
筋肉は脂肪よりも重たいので、筋肉量が減っているのに体重が変わらないということは内臓脂肪が増えてしまっているという証拠になります。
筋肉量が減れば基礎代謝が減り、変わらない食事量でも脂肪がつきやすくなるので病気のリスクも高くなっていきます。
隠れ肥満は知らないうちに内臓に脂肪がついてしまっている状態ですから、通常の肥満よりも気にならない、気がつかないということもあります。
しかし肥満である状態が続くのは身体に負担をかけている状態ですから、健康診断などで内臓脂肪などをチェックしましょう。

肥満でも負担をかけず出来る運動について

肥満はすでに現代病とまで言われるほど蔓延していて、早期改善を目的としたプログラムなども様々な場所で開催されています。
特別集中プログラムなどを利用することで一気に解消できる可能性は高くなりますが、時間や費用・体力的な部分で問題があるという人も少なくない為、「無理なく出来る運動」を継続的に行っていく方法に注目が集まっています。
肥満解消に効果があるのは、何らかの方法によって「代謝を上げる」と言うものです。
例えば、最も根本的かつ簡単な解消法としては「筋肉をつける」と言うものです。
筋肉はエネルギーの消費が大きい為、筋肉が増えることによって代謝量を増やすことができます。
増えた分を摂取していたのでは意味がありませんが、少なくともこれまで通りの摂取カロリーを維持していけば状況が悪化するという事は無くなります。
ただ、筋肉をつけるためのトレーニング(筋トレ)は負担も大きく、間違ったやり方で行うとケガの原因にもなってしまいます。
その為、初期段階の取り組みとしておすすめなのが「ストレッチ」です。
痩せていても肥満でもストレッチならば少ない負担で行うことができます。
特に肥満の人は急に運動することでケガの原因になってしまう可能性がある為、ゆっくりと筋肉や関節を運動に耐えられる状態に整えていくという事も大きな意味があります。
ストレッチで痩せるのかどうか疑問に感じている人も居るかもしれませんが、スポーツを経験している人であれば「ストレッチで大量の汗をかける」という事を知っています。
血行が良くなるだけでも代謝は上がるので、1時間~2時間かけてゆっくりと全身のストレッチをするというところから始めると、効果的な肥満解消効果が期待できます。