アーカイブ | 6月 2016

  • 肥満とヨガとこんにゃくについて

    肥満解消のためにスポーツをするにも、普段から運動習慣がない人にはハードルが高くなります。ハードなスポーツではなくても、体を動かすことができるエクササイズなら、負担は少なく体を動かせます。ストレッチなど無理なくできる方法として、ヨガは日本の女性にも人気があります。 ヨガというのはゆったりとしたポーズをとる運動ですので、年齢は関係なく幅広い年齢像にも受け入れやすい方法です。ハードな無酸素運動のような動きはしないで、体に無理な負担をかけずに、ゆったりと脂肪を燃焼させることができる方法なので、女性からも高く指示されています。 海外の人気モデルもヨガをしていることから、日本の女子のヨガに対する関心は高まっています。 痩せるためには内側からのデトックスも大事であり、その味方になってくれる食材として、こんにゃくがあります。昔からダイエットメニューの定番食材にもなっているこんにゃくは、肥満解消のためにも役立つ優秀な食べ物です。味のない食材ですので、これを置き換え食にするのは、味がなさすぎて向いていません。 食事の前に200g程を食べて水分を飲んでおくことで、お腹には満腹感が出ます。そのあとで普通の食事を食べることで、食事の量を食べ過ぎなくて済みます。ダイエットにはおやつは我慢と思い込みがちですが、それがストレスに変わります。おやつには、こんにゃくを食べてみましょう。ゼリーや飲料のタイプもありまし、手作りで加熱をして、おせんべいのようにしても美味しいです。 こんにゃくはグルコマンナンを含むので、老廃物を積極的に排出させてくます。グルコマンナンには満腹感もあるので、水溶性食物繊維の効果で、お腹を膨張させて満腹感を感じやすくなり、食べ過ぎ防止になります。